ドナルド・マクドナルド・ハウス見学会

1月28日、世田谷区大蔵の国立成育医療研究センターの隣りにあります日本第1号のドナルド・マクドナルド・ハウスせたがや を見学しました。

今回の参加者は、世田谷地域で福祉活動していらっしゃる方々を中心に11名でした。

ドナルド・マクドナルド・ハウスとは、アメリカのフィラデルフィアで1974年にスタートして全世界30カ国に広がるチャリティで、病気で入院している子どもの家族の為に、経済的精神的なサポートをする企業、市民などが支える病院の隣りの施設です。1泊約1000円が宿泊料です。

第1号ハウスが建設されて9年、現在は7軒のハウスが大阪、仙台、高知、札幌、栃木、府中にできて、それぞれの地域で運営されています。

エントランスは明るく庭がガラス越しに見え、チェックインなどができるようにボランティアさんの部屋もあります。

マクドナルドに来た子どもたちのメッセージをのせた折鶴が飾られていました。

自分たちと同じくらいの年頃のこどもが入院して治療を受けていることを、こどもたちはどのように感じるのでしょうか。

このようなキャンペーンだけではなく、マクドナルドの各店頭には募金箱が置かれていて、運営費用の一部が一般の募金でもまかなわれています。私もマックへ行ったときには、必ずお財布の中の小銭を全部寄付することにしています。

世界の各ハウスに必ずある「生命の木」、「Giving Tree」などと呼ばれているネームプレートです。

ハウスに寄付をした企業や個人の名前が飾られています。

ハウスそれぞれの特徴をだしてあるのがこの「生命の木」で、このせたがやハウスは桜の花びらがネームプレートになっており、日本マクドナルド創始者の藤田田さんの手形プレートも一緒に飾られています。

せたがやハウスは21室あり、3,4階がベッドルームです。

2階がおもにパブリックスペースで、リビング、パソコンルーム、ダイニング、キッチン、ランドリールーム、喫煙室もあります。

ダイニングキッチンは対面式の6家族同時に調理できる広々とした明るいスペースです。

面会時間が24時間可能となった今は、ママが滞在中にハウスにいる時間は短く、ママ同士のハウスでの交流は残念ながらあまり多くないそうです。

ヘアカットやリフレクソロジーなどのボランティアさんと、リラックスタイムの時間にいろいろな会話で盛り上がっているようです。

各階の廊下には、歯ブラシ歯磨き、シャンプーリンスなどのアメニティグッズが、急な入院で宿泊準備の無い方の為に常備されています。

ボランティアさんがいつも補充してくださり、いろいろなところのご寄付があるそうです。

お部屋やリビングに自由に書き込めるノートがあり、パラパラめくるとママたちのこどもへの思いや苦しみや不安などがかきつづられていますが、このようなたくさんの方々のご支援や励ましが心の支えとなって、ママたちもたいへんな看護を乗り切っていけるのだなと思いました。

随所に心温まる気配りがあり、とても素敵なハウスでした。

この活動は、公益信託世田谷まちづくりファンドの助成を受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アーカイブ