東洋大学 学生による 夏休み学習支援

東洋大学の大学院生、学部生による、東京に避難されている小学生への夏休みの5日間の学習支援が15日から始まりました。

夏休みの自由研究や見学会など、毎日素敵な企画が盛りだくさんです。

まずは会場をご提供くださった、近畿大学からノートやうちわ、お水などの贈呈がありました。

 
 

午前中は宿題などをマンツーマン、もしくは2~3名の大学生で手厚く指導。

学生の方が人数は多いですが、児童もお盆休み明けの後半には12名の参加予定です。

 

 

2日目には、自由研究で紫キャベツの色素の実験研究をしました。

紫キャベツをちぎってビニール袋にお塩と水を入れ、色を抽出します。

10分くらい叩いたり揉んだりしていると、きれいな紫色のみずになります。

 

 

紫色の水を透明なプラスティックのコップに分け入れ、お酢や重曹などいろいろな液体を入れて色の変化を見ます。

入れた瞬間にさまざまな色に早変わり。。

 

 

 

それぞれの液体に、リトマス試験紙をつけて、変化を調べます。

とても楽しい実験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アーカイブ