シンポジウム 福島からの避難母子 3年半の歩みとこれから

「福島からの避難母子年半みとこれから」

東日本大震災から早くも3年半がたちました。

原発事故の影響で今も多くの子どもたちやその家族が福島県内・県外で避難生活を続けています。

福島のことを伝えるため、現状を改善するため立ち上がったママたちの声を聞きながら

私たちができることを一緒に考えましょう。

日時 201411月16日(日)13時~15時30分

場所 帝京平成大学中野キャンパス204号室

https://www.thu.ac.jp/access/access_nakano.html

参加費無料

第1部 避難ママのリレートーク  13時~14時30分

鹿目

母ちゃんずキャンプ

二瓶さん

 

 

 

 

 

~福島の子どもたちが世界に発信する~ ふくしまキッズプロジェクト  佐々木恵美 

~原発事故からの人権~ SnowDrop 二瓶和子

~子どもたちが自然の中でのびのびと~ 母ちゃんず 鹿目久美 

~避難者支援の地域格差をなくしたい~ ふくしまキッズカフェ  四井康子  他

第2部 ワークショップ&LIVE  14時30分~15時30分

コーディネーター 武蔵大学 武田信子教授 

いわき市から避難しているYUKARIのトークとライブ ゆかり

YUKARI 「My Life」

YUKARI 公式HP http://www.yukari311.com/

 

主催  特定非営利活動法人こどもプロジェクト

共催  特定非営利活動法人キッズドア、特定非営利活動法人エンパワーメント

協力  帝京平成大学 社会福祉コース(現代ライフ学部人間文化学科)、

社会福祉法人中野区社会福祉協議会

独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

お問い合わせは 特定非営利活動法人こどもプロジェクト 03-6280-8422

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アーカイブ